No.165【銃がそばにあるだけで人は攻撃的になる!?】

 

お世話になります!
山本です。


サスペンスとか見てて

「なーんでこんなつまらんことで、殺人とかしちゃうかなー」


ってことありません?


ついカッとなって、、、
みたいなやつ
コナンとかでもありますよね。

どうやら人間は銃がそばにあるだけで攻撃的になるということが分かっているようですのでご紹介。


これは心理学者レナード・バーコウィッツらが行った実験によるもの。

男子学生を2人1組にして、相手を怒らせるという条件のもとでお互いに電気ショックを与え合うという結構過激なものです。

(尚、このときの2人のうち1人は実験サイドの仕込んだサクラです。)

相手の報復反応を見るべく2つの実験を行います。

1つめは被験者に1回電気ショックした場合と7回も電気ショックをした場合

2つめは電気ショックの回数は変えないが、電気ショックの機械の前に銃を置く場合と置かない場合


で実験したんですが


2つの実験とも被験者が相手に電気ショックをする強さが大きくなった!

という結果に。
すなわち、相手から受けた攻撃の回数が多かったり
あるいは銃が見えているとき等相手にダメージを与える武器があるときに人はより攻撃的になる!

っていうことでございましょうね。


よく、サスペンスとかたまにニュースとかでも

夫婦喧嘩のもつれで、カッとなって包丁で刺してしまった

とかあるじゃないですか。


カッとなったから包丁を手に取り刺した

というのはこの場合誤りで

包丁が近くにあることでより攻撃的になり刺してしまう(近くに包丁がなければ事件はなかったかも)

ということが当実験でも言えるかと思います。


日本は銃刀法あるんで普通に生きてれば武器になるものはないでしょうが

くれぐれも険悪な雰囲気のときに包丁とかが見える場合はお気をつけください。

 

再告知【詐欺師の技法セミナー】


f:id:weeeeenn:20190621131912j:image

f:id:weeeeenn:20190621131826j:image

お世話になります!

詐欺師の技法セミナーがありがたいことに好評いただいてます。


詐欺の手法にこんな科学的エビデンスがあると言うことが分かった!

営業トークにこんなに沢山の心理学的要素があるとは知らなかった!

的なご感想をいただいております。誠にありがとうございます。


というわけで
22日(土)19時~@麻布十番←明日!
7月3日(水)19時~@東京

も引き続き行って参ります✨


トークスクリプトを元に心理学法則を解説するスタイルなので、防衛にも応用にも使いやすく工夫してます。(渡した資料は悪用されるかもしれないから落とさないでね)


ご興味ある方は下記をご参照してみてください♪

https://ex-pa.jp/item/16240

No.164【大人と子供では考え方が驚くほど違うぞ!っていう研究】

 

お世話になります!
山本です。


最近某学習塾さんの先生とかと話しますとですね。
やはり、親子の問題とかが凄く大変みたいなんですよ。


子供の行いにストレスを感じてしまう親や、ゲームをさせない!勉強勉強!!と制約が大き過ぎて家族関係が崩壊しかけてる。

なんて話もあるみたいです。


お子さんがおられる方もそうでない方も、自分は子供をちゃんと理解してあげようと思うものですよね。

どうやら心理学の世界では
【認知発達理論】という理論の元子供の認知の仕組みについて、触れられてます。


自分の子供をちゃんと理解してあげたい!って方にオススメの情報なんでご紹介。


これはスイスの心理学者ジャン・ピアジェが様々な研究を行ったものの一部です。3つの研究を抜粋します。


まず①つめ
子供に容器を2つ見せて、それぞれ同様の液体を入れます。
その後、片方の液体を口が狭いが背の高い別の容器に移して見せます。

そんで「どっちのほうがたくさん入ってるでしょうか?」と問います。


すると、
・2歳~7歳の子供のほぼ全員が背の高い容器を指した!!

とのこと。
びっくりですよね。

ピアジェはこのことから
これらの年齢の子に<保存>という概念がなく、見たものの大きさとか感覚で解釈すると導き出しました。

 

②つめ
またこれとは別の検証では、同数のキャンディをテーブルに2列ならべ

片方の列はキャンディ同士の間隔をより大きく取って並べてそれぞれ見せます。

「どちらの列のほうがキャンディが多いか?」
とまた問うのですが、
・正確に答えられるのは4歳6ヶ月以上だった!!
んだそうで

 

③つめ
最後に、子供の目の前に積み木の山を2つ並べて
右の山の頂上に十字架を、左の山の頂上には樹木を置きます。


そんで積み木を挟んで子供と向かい合わせになるように人形を座らせます。


そして人形から見た景色を聞くんですね。
普通の感覚なら左に十字架、右に樹木のはずですね。


しかし、子供たちは右に十字架、左に樹木と答えた!
んですって

つまりこちらの研究で分かるのは、
ある程度の年齢にならないと
子供は他人の視点で物事を見ることが出来ない
ってことでしょうか。

 

こうした実験を重ねてピアジェは【認知発達理論】を提唱しました。


そして子供の考え方の発達は下記の4段階に分かれると
◆第一期
「感覚運動期」(0~2歳)
→感覚と身体の活動を通し、自分が働きかけたものの結果で学習する。

◆第二期
「前操作期」(2~6.7歳)
→可逆という概念がなく、自分が見たものに固執する。

◆第三期
「具体的操作期」(7~12歳)
→見た目には惑わされなくなるが、自分の体験したものでしかイメージできない。

◆第四期
「形式的操作期」(12歳以降)
→目に見えている具体的なものだけでなく、それを超えて論理的かつ抽象的にものごとを思考できるようになる。

 

なんで、小さなこどもに「どうしてこんなこともわからないの!?」とかって怒ることって物凄く非合理的なんですよね。


年齢次第では 
子供にとっては見て聞いて触ったものが全ての世界である可能性がありますから。

余計に感情的にならずに、ちゃんと許容して具体的な道筋を作ってあげましょう。

【んー、結構ヤバいセミナーやります。】


f:id:weeeeenn:20190608130102j:image

 

お世話になります!
山本です。

また催眠セミナーを開催させていただこうと思うのですが

表題が
【現役催眠術師が伝える、催眠の仕組みと”詐欺師が使う技術” 】

っていうかなりやばそうなやつ
やります。3回やります。

今回は学びの質の向上のため
少人数の講座を3度設けました。
・6/15(土) 19時~21時(18時50分より受付)@麻布十番
・6/19(水) 19時~21時(18時50分より受付)@東京
・6/22(土) 19時~21時(18時50分より受付)@麻布十番
と、日程設けてます。


実は本セミナーは某セミナー告知サイトへの掲載を依頼しておりました。

が、
告知サイトの審査のときに、怪しすぎる!!っていう理由でお断りをもらいました(笑)

そんなセミナーですが内容は例によって科学的な根拠や、明日使える知識等を駆使してかゆいところに手が届く系セミナーにして参ります。

なんでの質と量も例によってヤバイです(笑)

 


詳しくは下記をご覧ください。
https://ex-pa.jp/item/16240

【イベント速報】タワマンで催眠術披露します✨


f:id:weeeeenn:20190602180430j:image

お世話になります!
山本です。


6月8日(土)19時00分~
品川のタワーマンションでのイベントに催眠術師枠でゲストパフォーマンスします!

60名くらいの素敵な美男美女が集まり、親睦を深める会だそうで

夏に向けて素敵な出会いへと繋がるかもしれませんね♪
出会いのサポートを催眠術でしてほしい!って方がいたら
やれたらやります(笑)


詳細は下記サイトまで♪
https://sites.google.com/view/moteibe/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

No.163【「親父の背中はでけぇ・・・」の科学的根拠!】

 

お世話になります!
山本です。

人間の認知ってのは不思議なもので、ときにモノの大きさですら歪ませて見えることがあります。

代表的なのは
「親父の背中はでけぇ・・・」

ってやつですかね。

どうやらこの実物の大きさと変わってしまうという現象も
心理実験で証明されてるみたいですのでご紹介。


これはハーバード大学の心理学者ジェロームブルーナーらが行った実験。

10歳の子供30人を対象に下記のグループに割り振ります。

① 1セント、5セント、10セント、25セント、50セントの5種類のコインを見せる
② ①グループのコインと同じサイズの灰色のボール紙を見せる。


そんでそれぞれのグループに、自在に円形のサイズが調整可能な光源とスクリーンを使って
今見た種類と同じ大きさで光のサイズを調整してくださいと指示します。

その結果は
・②のボール紙のグループはほぼ正確に円のサイズを再現した
しかし①の硬貨を用いたグループはいずれのサイズも実際より大きな円を作成した!!
・おまけに家の経済状況が裕福でない子供ほど大きな円を作る傾向があった!!


という感じだったそうな。
まあ70年以上前の研究のため、最新のデータではないですが

ここで分かったのは「ものの価値によってものの見え方が変わる」

ということでありましょう。

先ほど述べた父親の背中もそうだし
あとは日本の硬貨の大きさについてとかもそうかもしれません。

子供のときは10円玉が50円玉や100円玉よりも大きいということを知ったときにびっくりしたことがあります。
そういう方いますかね。


これ男性の方とかで身長コンプレックスとかで悩んでる方とかだと

自分の魅力を最大限高める努力をすれば実際より大きく見せることができるかもしれませんね(笑)

No.162【ブラック企業から抜け出せないのは何故か!?の科学】

 

お世話になります!
山本です。


ブラック企業ってあるじゃないですか

皆さんもご存知の通り

給料が額面通り貰えない、、、
長時間残業や休日出勤、、、
パワハラモラハラが常習的に行われる、、、


等々労働基準法なんてそっちのけで経営している会社のことで


皆さんのご友人やあるいは、これを見ているユーザーさんの中にも

「あー、うち(この人)の勤め先ブラックだわ。」

ってことがあるかもしれません。

 

そんなブラック企業ですが

何故無くならないのか??


そんな疑問について
とある心理学者が見解を述べてくれてますのでご紹介。


これはL.フェスティンガーとJ.M.カールスミスが行った実験によるもの。


学生たちに下記の手順で

①12個の糸巻きを容器に並べては取り出すという作業を30分間繰り返す。
②留め金のついたボードを回しては元に戻すを30分繰り返す。

という、全く身にならなくて退屈な作業をやってもらいます。


その後学生を2グループに分けて、

a.20ドルの報酬を与えた
b.1ドルの報酬を与え、次に控えてる作業者に「面白かった」と伝えるように指示


その後また感想を聞くんですが、

なんと結果が
・a.20ドルの報酬を与えたグループは変わらず「つまらなかった」と感想を述べた

・しかしb.1ドルの報酬を与え、次に控えてる作業者に「面白かった」と伝えるように指示グループは、
「意外と面白かった」と回答した!

と。
びっくりですよね。


これについての考察は
・20ドルの報酬を与えられた学生は、高額の報酬をもらえたことでつまらない作業をしてたことに納得出来た。


・しかし1ドルの報酬では自身の矛盾した行動を正当化するのが難しい。

そこで、「つまらない作業」という認知を変えて「意外と面白い作業だった」と捉えることで

「報酬は少なかったけどやりがいや面白さを感じられた」
という自身の不協和を無理矢理解消するに至ったのである。


低賃金で条件がいいとはいえないブラック仕事ほど

やりがいを重要視する傾向があります。
それはこの実験の結果がまさに的を射ておりますね。


いやー、怖いですね。
ブラック会社を作ってるのはもしかしたら自分自身かもしれないと。


ただ、最近ではネットの発達によりより幅広く情報が取れる時代でもありますから

自身の誤った心理に気づけることも多くなってきたと思います。


もし、勤めててここブラックかも?と思ったらきっちり調べましょうね。