No.106【睡眠の質を高める、簡単メソッド】

 

お世話になります!
山本です。

睡眠って大事ですよね。
ってよくこのブログでも書いてます。


今回の睡眠質改善メソッドはかなーり使いやすくてオススメなやつですのでご紹介。

 

これはベイラー大学の実験で、57人の学生が対象のもの。

1週間程度、睡眠の質や入眠の速度を脳波測定等により調査したんですね。

 

実験の際には、下記のような2つのグループに割り振ります。

①寝る前に5分だけ「次の日にやらなきゃいけないこと」を紙に書き出す
②寝る前に5分だけ「今日または前日に終えた作業」を紙に書き出す

 
よく紙に書くことを推奨してる私ですが、ここでも紙に書くことが実験の主軸な感じですね。


(No.24【とにかく紙に書くんだ!がいい理由】
https://weeeeenn.hatenablog.com/entry/2018/07/05/170531 参照)

すると結果は、、、
・①寝る前に明日のToDoを書き出した人は、眠りにつくまでの時間が平均で9分ほど速かった!!

 とのことです。
9分という数字は、睡眠薬を使った時の寝入りの良さと同じレベルだったりします。

つまり、次の日の予定の書き出しには薬と同じぐらいの効果があるということが伺えるわけです。


研究者いわく、
「1日を通して、私たちの頭の中にはいろいろな思考が巡っている。そのうち、いくつかはひたすら頭の隅に残り続けてしまう。


しかし、物理的に紙に書き出す行為は、隅に残った思考を少しだけ頭の外に追い出してくれる。おかげで、思考のポーズボタンを押したような効果が得られるのだ。


実験の結果を見ると、ToDoを書き出したグループは頭の興奮が減り、ネガティブな思考を何度も考えて不安になるような事態をまぬがれたようだ。寝る前のネガティブ思考ほど睡眠に悪影響を与える要素はない。

寝床に入って2分以内に眠りにつけない人には、手っ取り早いフィックスになるだろう。」

 

とのこと。まだ終わってないタスクを書き出すと、脳が余計なことを考えづらくなるんで休まるのが早くなるってことでしょうな。

 

眠れない!って人は紙とペンを取り出してみてくださいな。

No.105【財布をよく無くす人に朗報な心理メソッド】

 

お世話になります!
山本です。

財布をよく無くしてこまる!って方はいますかね?

財布を無くそうものならクレカから身分証明から大切なものが多くて非常に困るところ。


実は心理学的に、"財布を無くしたときのために○○を入れとくといい!!"
っていうのが言われてたりするんですよ。

○○ってなんぞや?という方は是非下記をご覧ください。
なかなか面白いお話しです。

 

これはリチャード・ワイズマンという心理学者が、スコットランドエジンバラで数百個の財布をわざと落としておくという珍妙な実験を行ったというもの。

実験に用いた財布は下記の5種類。

①笑顔の赤ちゃん
②かわいい子犬
③幸せそうな家族
④老夫婦の写真
⑤なんも入ってない


4種類は写真が入ってます。うーん微笑ましい写真ですな。


そしてどの種類の財布が帰ってきたか調べたんですね。

すると結果は、
・赤ちゃんの写真が入っていた財布は88%が戻ってきた!
・子犬の写真が入っていた財布は53%!
・家族の写真が入っていた財布は48%!
・老夫婦の写真が入っていた財布の返却率はわずか28%。
・写真が入っていなかった財布は7個に1個しか戻ってこなかった。


いやー面白い結果になりましたね。
これについてリチャード・ワイズマン博士曰く

「赤ちゃんの写真が入った財布の高い返却率は、進化の過程で身についた、無力な赤ん坊を助けようとする本能の表れだ。

人間は次の世代を守るため、例え他人の子孫であっても赤ちゃんを助けるようにできている。」

だそうな。


赤ちゃんが人を利他的行動に繋げるということでありましょう。

自身の財布をよく無くす人はやってみるといいかもしれません。

No.104【限定○○名!に人は惹かれるの心理法則】

 

お世話になります!
山本です。

そういえば、今年の夏は例年より冷やし中華を食べてなかったな感じる私ですが

実は私、好きな食べ物の最上位に冷やし中華があるんですね。
夏だけの期間限定感が好きというかなんというか、、、

という話はおいといて
人って期間限定商品とかに弱いですよね。
限定○○名様!とか


実はこの現象、"希少性の原理"という心理法則によって説明がされてたりします。

よく巷で見かける" 限定○○名!"の正体とその仕組みについてのお話をご紹介。

 

これは社会心理学者のステファン・ウォーチェルの実験によるもの。

クッキーを食べてもらい感想を聞くんですが、グループを分けて希少性を出すことが感想にどう影響するかを調べたんですね。


具体的には下記のようなグループ分けになります。

①瓶にクッキーを10個入れて渡すグループ(希少性が低くみえる)
②瓶にクッキーを2個入れて渡すグループ(希少性が高くみえる)


を作ります。
ちなみにクッキーの味やデザインは当然同じもので数だけが変わるんですね。


すると結果は
・②2個入りのクッキーを1つ食べたグループの方がクッキーにたいして好意的な意見を持つ傾向があった!!


・さらに、他の被験者に食べられてしまったと2個入りの瓶を渡したところ、クッキーの評価が下がるということが確認された!

だそうです。

元から2個しかないクッキー入りの瓶→高級な代物なんだな?とかあまりとれない素材を使ってるのかな?
とかって心理が働くことによるものだそうな。

 

そういえば高級料理とかの皿の面積よりよほど小さいものってのも、希少性を高める施策な気がします。

 


ともかくこの"希少性の原理"はマーケティングにおいて非常に使える技術だったりします。


例えば
閉店セール、、、
限定○名、、、
会員向けコンテンツ、、、
期間限定、、、
等々


聞いた覚えのある言葉ばっかりではないですかね?


これのポイントは
いかに今やらないともったいない!っていうような感情を揺さぶれるかどうかです。

だから、具体的にあと○○名まで!とかって言うと結構効果的。


この知識があるだけで結構コピーライティングも出来ちゃったりします。(笑)


知識としてお役立てください(笑)

No.103【実は集団心理でマインドコントロールされてない?の科学】

f:id:weeeeenn:20180922211628j:image

---------

Q.画像を見て、左の棒と同じ長さの棒は1~3のどちらでしょう??

 

(答えはブログの一番下)

---------

お世話になります!
山本です。


赤信号みんなで渡れば怖くない!」

なんて聞いたことありますかね?

ある種、この言葉も人間心理の奇っ怪ぶりがよく表れてるなと私は思うワケです。

 

そんな、現象を心理学的に「集団心理」「同調心理」とか言ったりしますが、それにまつわる面白い実験を紹介。

 

これは社会心理学ソロモン・アッシュによって行われたもので。

人間の集団心理について検証した実験があるんですね。


まず、実験室に8人の人間を集めるんですね。(7人はアッシュ氏が用意したサクラだったり)


そんで8人に提示したのは4本の線が書かれた図で、

そのなかからどれが同じ長さか?を8人へ1人1人問うんですね。(添付の図参照)

ちなみに皆さんはどれを選びますか??(笑)


、、、まぁ、答えは普通に考えれば、って感じなんですが


そんな感じのある程度明白な答えが得られる問題を18個出していくんですが
そのうち12回はサクラさんに敢えて間違った問題を選ばせるんですな。

 


Aさん(サクラ)「①番が合ってると思います」
Bさん(サクラ)「①番が合ってると思います」
Cさん(サクラ)「①番が合ってると思います」

被験者「(ええ、どう考えても②番じゃないの、、、?)」


みたいな雰囲気をイメージしてください。

 

すると結果は、、、
・サクラ全員が正解を答えると、被験者も堂々と正解の選択肢を選んだ!

・しかし、サクラが不正解を答えると、被験者も不正解の選択肢を選ぶ傾向が確認された!!

・全ての質問に正解を答えつづけた被験者は全体のおよそ25%
残りの75%は不正解のサクラに一度でも同調してしまった!!

・被験者がサクラに同調して不正解の選択肢を選ぶ確率は、約3分の1であった!!

って感じに

 


まさに「赤信号皆で渡れば怖くない!」ですね。

この心理実験は『アッシュの同調心理』という有名な実験から引用したものです。


社会心理学者の人曰く
ヒトラーによるユダヤ人迫害
・オウムの洗脳活動
・小学校のいじめ問題等

等はまさに、人の集団心理によるもの
であると言いますね。
皆がやってりゃ、非人道的なことも結構やっちゃうのが人間なようで。


ということで
皆さんは、本当に正しい価値観に基づいた回答が出来ていますか??

集団心理で
案外簡単に自身の決断が歪むのが人間であるので
その事実を知った上で、対策したいところですなぁ。

 

 

----------

A.2

です。

簡単でしょう?これが集団心理で3分の1まちがえるわけですよ。

-----------

No.102【運動を仲間とするだけで体調も向上する!?の科学】

 

お世話になります!
山本です。


常日頃から体を動かそう!
運動しよう!

とかって言ってる私です。
体を動かすだけで脳機能が向上し、ストレスに強くなるのがわかってますからね。

 

しかし、「運動が続かないの!汗」って方も多いと思うんですね。

そんな方はご友人とかを運動仲間に誘ってみてはいいかもです。

 

というのも心理学の世界では、
「一緒に運動する仲間がいるとストレスが減るぞ!」

ということが言われてます。
そんな話をご紹介。


これは2017年に、オーストラリアのニューイングランド大学が、普段からストレスレベルが高い学生を選び、

下記のようなグループに半数ずつ分けて12週間比較実験を行ったんですね。

 

①友人とエクササイズを続ける。
②ひとりで好きなエクササイズを続ける。


 そのうえで4週間ごとに全員のストレスを調べたんですね。


すると結果は、、、
仲間とエクササイズをしたグループは、ひとりでエクササイズをしたグループにくらべて、

・ストレスが26.2%低くなった!
・感情のコントロール能力が26 %改善!
・体調の改善率も24.8%高かった!


友人と一緒に行うだけで、これだけの違いが出るわけですね。


これは『同じ動きをする趣味を持つといいぞ!』
という下記の研究と同じような効果が及ぼされたんじゃないかと言えます。

(No.84【幸福度を高める趣味についての心理学】
https://weeeeenn.hatenablog.com/entry/2018/09/03/215012 参照)


やり方は超簡単。
たんに一緒に運動をする仲間を見つければOK。とてもシンプルですが、それだけで、普通に運動をするよりも、ストレス改善に繋がりますし

仲間がお互いを奮い立たせるので継続率も上がりますから

まさに一石二鳥。


是非運動を友人達と一緒にやるきっかけとしてお役立てください。

No.101【利益より損失回避を優先する心理学的法則】

 

お世話になります!
山本です。


なにか物を買うとき
サービスを受けるとき
投資をするとき


損をしたくない!と誰しもが思うことでしょう。

どんなに商品が素晴らしくても、多くの人は大なり小なりそう思うと思います。
ときにそれが非合理的な選択であっても。


実は心理学や行動経済学の世界では"人は自分が得をする局面では危機回避的(確実性を重視)になり、損をする局面では危機追求的(バクチに出る)になる。"

という見解が得られており
プロスペクト理論
という心理法則で説明されてます。

プロスペクト理論の元となった実験と、どう付き合っていくのがよいか?

的な話をご紹介。


これは行動経済学者のダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーが行った実験が有名でして。


カーネマン達は被験者にそれぞれ以下の2つの質問をするんですね。

Q1.以下の2つの選択肢が提示されたらどっちを選びますか?

①100万円が無条件で手に入る。
②コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

 

Q2.あなたは200万円の負債を抱えています。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたらどっちを選びますか?。

①無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
②コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

 

以上のような感じの質問をするんですけど
Q1とQ2について皆さんならどっちを選びますか?

 

さてさて、これで結果はといいますと

Q1.
どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額であるにもかかわらず
堅実性の高い①を選ぶ人の方が傾向として多く見られた!

Q2.
両者の期待値は-100万円と同額であるが、
Q2においては②を選ぶ人が多くなる傾向が見られ、Q1で①を選んだ人であっても例外なく②を選んだ!!


て感じになったそうな 


以上のような実験や調査を様々な条件下で行って『プロスペクト理論』という心理法則を見いだしたと。


このこと価値の大きさは必ずしも期待値や価格という数字に比例しないというのが説明できるんですね。

いやー、人の心理は面白いなーと思います。


このプロスペクト理論を知っておくと結構便利で

まず、投資等においては
株やFX等で多大な損失を出している人は、Q2と同様の心理に刈られてるというのがわかります。

損切りが出来ない!というのはこのプロスペクト理論で説明が出来ますね。

損失してるときこそ、冷静に合理的な計算をするようにしましょう。

 

また、ビジネスにおいては

顧客は買い物で損をしたくないわけですから
毅然とした態度や服装で商談に臨むのは当然のこと

収支を明確にしたり
得られるものを具体的にしたり
先にデメリットを明示する等して

買った後に損をしない買い物であると知ってもらうことが大切ですな。

 

人の心理は必ずしも合理的ではないので、プロスペクト理論の知識を元に適切な判断や提案をしていきましょう。

No.100【100回記念!私が毎日LINE@の更新を出来たワケ】

 

お世話になります!
山本です。


ついに、100件目ですねぇ。


3カ月ちかく毎日更新をして来ましたが、今回は100回を記念しまして

私が毎日LINE@とブログを更新出来た秘訣的なのを網羅してこうかと。


勿論科学的に根拠のある方法ばかりを実践してきたので再現性はあるかなーとは思いますが

 

→やってて楽しくて
スキルアップに繋がって
→人生がさらっと変わる

 

そんな"山本流習慣術"をご紹介

 

この山本流習慣術ですが、主には下記の3つの項目を主に意識したんですね。


■【①クールダウンする前にやる。】
まず人がなんで習慣を続けられなかったり、やろうと決めていたことが実行に移せないのかといいますと
 
実生活のなかへの組み込みが上手くできてなかったりすることが多いんですね。


例えば、普段やってない読書を習慣にしたいときに
◇家帰って→服を着替えて→ご飯を食べて→一休みして→"読書しよう!"


って行動をしようとすると
なかなか、着手出来ないのが人間であったりしますよね、、、。

 

なんでこれは私も意識したところでして
これを私は
◇家帰って→そのまま椅子に座って→文章考えて→投稿する!

◇予定が終わって→電車の中や帰りがけのファミマのイートインとかで文章考えて→投稿する!

といった具合に
たかだか30分近くの作業なんで、クールダウンする前に着手して終わらせてしまう場合が殆どでした。

尚、それをルールとしてしまっていたのもポイントだったかと思います。
(No.43【習慣を定着させる超科学的メソッド!】
https://weeeeenn.hatenablog.com/entry/2018/07/24/203150 参照)

次のアクションを明確にしてすぐに行動してたんでクールダウンすることを防いでたんですね。

 
なんで、クールダウンをする前に
実生活の流れの中に組み込んでやってしまう。

ってのがよろしいのではないでしょうか?

 

■【②人に言いまくる。】
とにかく会う方々には「このLINE@"毎日"更新してるんですね」と言い登録者様を増やしまくってた私。

そう言っていた手前引くに引けない状況を実は作っていたってのも実はあるんですね。(笑)

 

これは科学的にも有効でして

当コンテンツでも誰かに期待されてると思うとやる気が出ちゃうのが人間であると証明されてると書いたりしました。
( No.35【期待されるとパフォーマンスがあがる!】
 https://weeeeenn.hatenablog.com/entry/2018/07/16/235642 参照)
     

言葉に出して言いまくることが、他の人の期待を背負ってると感じさせてくれて、私のやる気を高めたんですなー。


ちなみにポイントとしては、
今後長く連れ添っていきそうだなーって方や
自分を応援してくれてたりする方


が多ければ多い程この効果は高くなるかなと思います。

この人達の期待に応えたい!!ってなりますんで。


■【③数字を明確にする】

私のコンテンツは

 No.78【猫を飼うだけでストレスと無縁になる!?】

みたいな表題で毎度毎度書いてるんですが

 

"No.78"とかの意味は?

とか思われる方もいらっしゃったんじゃないでしょうか?


実は人は数字によるフィードバックが明確であるとやる気が高まる
というのが研究で証明されてます。

(No.90【数字を見ただけでパフォーマンスが上がる!?】
https://weeeeenn.hatenablog.com/entry/2018/09/09/204054 参照)

 

なので実は何の意味がって言われると

ただの私のモチベーションアップの為だったんですね。(笑)

 

さて、ここでのポイントってなにかといいますと

"やりつづけている感覚や前に進んでいる感覚を目に見える形で自身に及ぼすことが大事"

だったりします。


ドラクエっていうゲームあるじゃないですか。
それがなんで楽しいかっていうのも
レベルや経験値や能力値の数々が明確で

成長している感が得られるからです。


ですから自身が何か習慣を始めるときは、数字等で前に進んでいる感を作ってあげてください。

 

■【まとめ】

サクッとまとめると
・クールダウンする前にやった!
・人に言いまくった!
・数字を明確にした!


ってのが私のやる気を引き出して毎日継続させたんですね。


勿論他にも多数のメソッドを試してますし、効果が見込めるメソッドばっかりでしたが


本質的かつ、誰でもすぐに意識できて実践できそうなのを今回3つピックアップしました。

 

ダイエット、筋トレ、勉強等々

様々な場面で応用は可能かと思いますんで、役立てていただけたら幸いです。